広大地は改正された

広大地評価の改正|広大地無料相談センター

広大地の改正

  平成16年の改正で「広大地」の計算方法が簡素化され、大幅に納税者有利になりました。
従来の「広大地」の評価方法は「その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく広大な宅地」の地積のうち、「公共公益的施設用地(道路、公園等)となる部分の地積」を控除した地積が占める割合を補正率として、奥行価格補正率に代えて適用するというものでした。
  つまり、開発想定図面を作成し、有効宅地部分の割合(有効宅地化率)をベースに算定する方法が採用されていました。
  平成16年の改正で開発想定図の作成の必要性はなくなり、計算は大幅に簡便化されたもののましたが、対象となる不動産が広大地に該当するか否かの判断は、案件によっては不動産鑑定士でなければ非常に困難です。広大地無料相談センターは広大地に詳しい不動産鑑定士事務所である桜木不動産コンサルタントが運営しております。気軽にお電話下さい。

 

不動産鑑定評価基準の平成15年改正

  不動産鑑定評価基準の平成15年改正によって、従来必ずしも明確に記載されていなかった「市場分析」が取り入れられました。
  地域分析及び個別分析の過程において、同一需給圏における市場の特性(市場参加者の動向や市場の需給動向)や対象不動産の典型的な需要者の評価等を把握するための市場分析を行うことが明確化され、市場分析の結果を踏まえて標準的使用、最有効使用を判定することとなりました。
  これは広大地判定(相続した土地が地域の標準的な土地と比べて広大で、最有効使用が潰れ地が出る開発素地か否か)にも当てはまることと言えます。つまり、不動産マーケットを分析して広大地にあたるかを判定しなければなりません。これができるのは不動産鑑定士しかできないと考えられます。
  不動産の鑑定評価に関する法律第二条に「この法律において「不動産の鑑定評価」とは、不動産(土地若しくは建物又はこれらに関する所有権以外の権利をいう。以下同じ。)の経済価値を判定し、その結果を価額に表示することをいう。」とあり、不動産の経済価値を判定できる国家から認められた唯一の資格なのです。 税理士、会計士の先生、相続人様、広大地評価のサポートが必要な時、桜木不動産コンサルタントが運営する「広大地無料相談センター」にご相談下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 広大地とは 広大地判定の要件 運営会社 広大地判定料金