広大地については広大地無料相談センターへ

広大地の要件1|広大地無料相談センター

広大地の要件1「大規模工場用地に該当しないこと」について

大規模工場用地に該当しないこと

大規模工場用地とは以下の財産評価基本通達22-2に規定されている土地のことを言います。

財産評価基本通達22-2
前項の「大規模工場用地」とは、一団の工場用地の地積が5万平方メートル以上のものをいう。ただし、路線価地域においては、14−2≪地区≫の定めにより大工場地区として定められた地域に所在するものに限る。

 

(注)  「一団の工場用地」とは、工場、研究開発施設等の敷地の用に供されている宅地及びこれらの宅地に隣接する駐車場、福利厚生施設等の用に供されている一団の土地をいう。なお、その土地が、不特定多数の者の通行の用に供されている道路、河川等により物理的に分離されている場合には、その分離されている一団の工場用地ごとに評価することに留意する。

 

財産評価基本通達14−2
路線価方式により評価する地域(以下「路線価地域」という。)については、宅地の利用状況がおおむね同一と認められる一定の地域ごとに、国税局長が次に掲げる地区を定めるものとする。
(1) ビル街地区
(2) 高度商業地区
(3) 繁華街地区
(4) 普通商業・併用住宅地区
(5) 普通住宅地区
(6) 中小工場地区
(7) 大工場地区

 

−国税庁ホームページより引用−

  大工場地区は下記の路線価図のうちの赤いマルで囲った地域を言います。大規模工場地区に所在している場合は広大地として認められません。
広大地

 

なぜ大規模工場地に該当すると広大地評価が認められないのか

広大地

  これは簡単です。広大地の定義を思い出してください。広大地とは、ディベロッパー(戸建開発業者等)が買うような大きく纏まった土地で、道路や公園などを作ることによって公共潰れ地が生じるような用地なので、土地の減価を認めますよ。という規定です。ただ単純に大きい土地を言う訳ではありませんので、大規模な工場用地は所謂「広大地」には該当しないのです。
  大工場地は広大地は使えないのはわかった。じゃあ、中小工場はどうなの?という質問をされたことがあります。広大地の要件を満たした場合には中小工場地区でも広大地が使えます。但し、注意が必要なのは、あくまで最有効使用が道路潰れ地が生ずるような戸建開発素地ですので、隣に騒音が大きな町工場があって、臭いが漂ってくるような土地で、誰が見ても戸建ての開発業者は絶対に買わないような土地の場合は広大地に該当しないと考えられます。つまり、ケースバイケースですので注意が必要です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 広大地とは 広大地判定の要件 運営会社 広大地判定料金